大内新聞

大内畳店の出来事やお知らせ、新商品のご案内をするページですので、ときどきチェックしてみてください。

福島市技能功労者として表彰されました。

福島市技能功労者として表彰されました。

2011年11月5日に受賞しました。畳の製造・販売(内装仕上工事業)に従事し、洋風な家でも雰囲気に合うようにと考え作り出したカラー畳の普及活動や、雛人形などの台座に取り組んでいます。
また、小・中学校等に畳の寄贈や畳作りの体験学習を実施するなど、地域へのボランティア活動に大きく貢献しています。

福島県商工会発行の「NEWS CLIP」の取材

福島県商工会発行の「NEWS CLIP」の取材

2010年1月1日発行の「NEWS CLIP」Vol.347に大内畳店が掲載されました。
当店の「カラー畳」が紹介され、住宅の洋風化が進む昨今で、フローリングに敷く畳として注目を集めています。また、室内の空気浄化、鎮静作用、集中力の維持にも繋がる畳の効果などが取り上げられ、歴史ある大内畳店のこだわりを実感する事ができます。畳に馴染みの薄い子供や若者が増える中で、新しい畳の魅力をみなさんにどんどんお伝えしていきたいと思います。

TUF「イブニング6」の取材

TUF「イブニング6」の取材

2009年3月11日 18:16〜放映されているテレビ番組、TUFの「イブニング6」で放映されました。
今回注目されたのは畳の色。大内畳店では様々な色の畳を制作しています。飯野町に4店舗あった畳屋も今は1店舗のみとなりましたが、こうして今も営業しているのは大内社長の努力と発想力があったからです。
今回新たな色の畳、ホワイトとブラックの2種類を作りました。ありそうでなかったこの2色。大内社長は「洋風な家でも雰囲気を壊さず、合うように」と考え作り出した物です。これからは洋風な家でも和のテイストを取り入れやすくなることでしょう。

福島民報・福島民友の取材

福島民報・福島民友の取材

2008年11月4日福島民報。「県畳工業組合川俣支部が畳贈呈。福島市飯野町の青木小に贈った」
秋の畳の日(9月24日)に合わせて平成13年から実地しています。贈呈式は10月9日、同校で行われました。大内政二支部長が「畳のある生活を通して良さを知ってほしい」とあいさつしました。畳は十畳分で、同校では図書室に敷くことに決めました。
児童らは早速畳に座り、読書などをして楽しみました。

福島民報・福島民友の取材

福島民報・福島民友の取材

2008年10月26日福島民報。「畳の製造過程理解-大久保小児童訪問学習-」
福島市飯野町の大久保小児童はこのほど、地区の企業を訪問し畳の製造過程などを学びました。
同校の生活科の授業の一環で、地域の企業と触れ合い釈迦勉強するのが狙いです。
二年生の十六人が、同市飯野の大内畳店を訪れました。大内政二社長から畳の作り方を教わり、実際にできる課程を見学しました。児童は大内社長の手際の良さに「すごい」などと声を上げ、目を丸くしていました。
今後も地区内の農家や美容室などを見学し、学校新聞などにまとめるそうです。

飯野幼稚園にカラー畳を贈る

2006年1月27日、飯野町内の飯野幼稚園に、幼稚園で畳の感触を楽しんでもらおうとピンクと黄色のカラー畳9枚を寄贈しました。
水洗いができる畳なので、園児たちがクレヨンで汚してもサッと落とすことができるので、存分に活用していただきたく思っております。
贈呈式が行われた際に、大内政二(社長)の方から畳に関する話をいたしました。その後、畳をプレゼントした時には、園児たちが大喜びしてくれたので大変嬉しく思いました。

飯野幼稚園にカラー畳を贈る 飯野幼稚園にカラー畳を贈る 飯野幼稚園にカラー畳を贈る

福島中央テレビ ゴジてれシャトルの取材

福島中央テレビ ゴジてれシャトルの取材

2006年1月19日、大内畳店がゴジてれシャトルにて放映されました。
放送された内容は、主に大内畳店でも一番力を入れている「カラー畳」です。
カラー畳の多彩なバリエーションなどといったカラー畳ならではの特徴を紹介させていただきました。
ただ、中でも取材班の目を引いたものはカラー畳ではなく大内畳店オリジナルの「UFO縁」でした。“UFOの里”として知られる飯野町の特色を活かしたユニークなデザインに取材班も感激してくれたみたいです。
ひと言で畳といえども、思考を凝らして様々な畳があることをテレビを通じて皆さまに伝えることができたことに社長も大満足の様子です。(本番中はあがりっぱなし…)